宇宙遊泳

スホさんとEXOについての独り言

スホさん表紙 Esquire 9月号のインタビューを読んで 

 

EXOを知らない人に、どう自己紹介するかという問に対して。
「僕はEXOのスホです。EXOのリーダーです。」
この言葉だけで、涙が出てくる。
 
そうだ。スホさんは、EXOのリーダー、スホだ。
謙虚で冷静で責任感があり、模範的で純粋でプロフェッショナル。何事も一生懸命に努力し抜くこと。それがスホさんの才能だと、周りからそう言われると言っていた。

スホさんは本物のプロフェッショナルだ。本当に尊敬する。

アイドルという仕事柄、辛いことも悲しいこともたくさんあるだろうに、ステージに立てばいつだって彼は私たちに、最高の笑顔を見せてくれる。最高の踊りを踊ってくれる。最高の歌を聴かせてくれる。実際にそうじゃなかったとしても、そうしようと努力している。

 そして、いつも自分の最善を尽くそうと努めている。自分を出来る限り客観的に捉え、冷静に分析しようとする。だから自分のペンカフェやファンのブログをチェックするし、自分に対する良い評も悪い評価も、全て読む。批判を書かれるのは勿論嫌だけど、それを見るのはやめないという。冷静に自分を批判してくれる意見もあるから。「ナルシズムとは真逆だ」とインタビュワーは言っていた。「本当にすべて見てますよ」「オッパたちは全部わかってるよ」と言っていたスホさんの言葉が思い出された。

そのうえで、彼はファンに毎度毎度感謝する。1枚の写真撮影でさえも、「ありがたいな」と思いながら臨んでいるという。確か、ステージに上がる前にも、いつも天に向かって「感謝しています」と祈る、と言っていた。

あんなにたくさんの場所で、「感謝します」という言葉を述べるスホさんを見ると、本当にスホさんは感謝の人だなあと思う。
建前なんかじゃなくて、本当に心から、いつもファンやメンバーやスタッフに感謝して生きているんだろうな、と。感謝の心をいつも持ち続けているということは、どんなにすごいことだろう。

そんなことが、自分に出来るだろうか。いや。今の私には、無理だ。出来るようになりたい。そしていつか、スホさんのようになりたい。誠実さ、責任感、謙虚さ、忍耐力を備え、常に計画的に行動し、夢を持ち続けて、自分の道を突き進んでいく、素晴らしい人に。

スホさんの素晴らしさに改めて気づかせてくれた今回のインタビューは、とても有意義なものだったと思う。これからも何度も読み返して、人生の教訓にしていきたい。